Facebook
 

         
当社は、 つくば市を中心に外壁塗装、建築防水業務を専門的に行う会社です。
地元つくば市を拠点に、 茨城県・東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県など関東全域で
活動しております。


 
 
 
 
 
 

家やビルなどの建物は様々な素材から出来ていて、各部位ごとにいろいろな特徴があります。普段の生活の中では気が付かない様な変化でも、建物にとっては時間をかけて重大な影響が出てしまうものがあります。
定期的にチェックし、建物が傷まないうちに早期修繕を心がけましょう!


 
 
1.外観
塗装

壁面を手でこすって白いチョークの粉のような物が付着する場合、塗膜が劣化し、建物を保護する効果 がなくなっていると判断できます。

これをチョーキングといいますが、このサインを無視していると、建物本体の劣化につながり、修繕費用の増大につながります。

防水
外壁のひび割れを放置しておくと、雨水が家の中に染み込み、家が傷む原因となります。
 
2.屋根(コロニアル瓦葺き)
塗装

施工後10年位で、塗装が薄くなっているのが分かってきます。また、コケが生えてくる場合もあります。
コロニアルの塗装は美観のためだけでなく、屋根材の寿命を延ばすためにも重要になります。

防水
コロニアルは水を通しませんが,水が染み込む素材ではあります。そのため、冬期には染み込んだ水が凍結膨張して表面から破壊されていく可能性があると言われています。
塗り替えによって健全な塗膜を再生し,吸水を抑止することは屋根材自体の寿命を延ばすことにつながります。
 
3.屋根(トタン)
塗装

サビに気付いたら早急に対応が必要です。サビが原因で腐食に進み、雨漏りの原因になります。
塗装は美観を良くする以上に、錆びる事を防ぎます。

防水
ひび割れや剥がれに気付いたら早急に対応が必要です。既に雨が浸透していると考えられますので、天井に水の跡が出来ていることも十分に考えられます。
  
4.軒天
塗装
塗膜が剥がれてくると、雨が浸透しやすくなります。ベニヤの交換と塗装で、塗膜を作り保護する必要があります。
防水
軒天ベニヤが雨でブヨブヨになっていると、雨が浸透している証拠です。ベニヤの交換と塗装で、塗膜を作り保護する必要があります。
 
5.破風板
塗装
ペンキの剥がれや白い粉が浮き出てくるのが、塗装後5年位です。防水性が失われてきます。致命的なダメージになります。
防水
ペンキの剥がれや白い粉が浮き出てくるのが、塗装後5年位です。防水性が失われてきます。
 
6.(硬質塩ビ)
塗装
リビング、キッチン、居室の床や壁に使われています。
水道管、下水管、雨樋は昔から硬質塩ビが多量に使われています。その他身の回りの塩ビは 自転車のグリップ、合成皮革、シート、マット材、クッション材等々、家の中に溢れています。
燃えると有毒ガスが出ます。軟質塩ビは軟質にするが為の可塑剤や接着剤も放散するので 使い方によっては素晴らしい樹脂とは言えませんが、 一般的な汎用の樹脂としてはもの凄く有益な材料です。
防水
------
 
7.面格子(鉄部)
塗装
サビは発生していませんか?鉄部のサビが進行すると腐食し、雨が浸透することで家が傷んでしまいます。
防水
ぐらぐら緩んでいませんか?少しの隙間からでも雨が浸透し、腐食の可能性が出て来ます。
 
8.サイディング・羽目板・下見板
塗装
表面の破損や塗膜が薄くなることで、雨水が浸透し、腐食の原因となります。
防水
継ぎ目やコーキングの破損、剥がれによって雨水が浸透し、腐食の原因となります。
 
9.雨戸・戸袋
塗装
ペンキの剥がれや白い粉が浮き出ていると防水性が失われます。
防水
 
10.ベランダ
塗装
---
防水
---